住宅展示場にプリキュアショーを見に行って、家も見学してみて思ったこと。




今年の5月5日のこどもの日は、旦那の休みが取れたので、近場でプリキュアショーがやっているイベントをネットで探して、見に行ってきました。

そこは、住宅展示場の広場で、プリキュアショーをやっていました。




間近でプリキュアショーを見た、娘たちの反応は?

想像していたよりも、さほど混んでいなかったので、よかったです。

当日は、ものすごく夏日で、ショーは2時からのを見ましたが、とても日差しが強かったです。

なんだか、もう夏という感じで、熱中症になりそうな勢いでしたが、長女と次女はプリキュアのダンスを踊ったり、握手会も楽しそうにしていて、とても喜んでいました。

そして、住宅展示場ということもあり、モデルハウスを見学すると、プリキュアのノートなどがもらえる特典があったので、生まれて初めて、モデルハウスを見学してきました。

2軒ほど見たのですが、やはりモデルハウスといえども、とても綺麗で、やはり新築の家には憧れてしまいます。

家は住めればいいと思っていたのですが、実際モデルハウスを見てしまうと、やはり、自分の家が欲しいなぁと、少し思ってしまいます。

特にヘーベルハウスの見学をしたときに、作りがとても頑丈にできていて、濁流にも流されなかった家が残っているという、新聞の記事も展示してあり、とても興味をそそられる内容でした。

そしてちょうど、そのヘーベルハウスのモデルハウスは、2世帯住宅式になっていました。

3階まであり、2階にお風呂とキッチン、そして庭のような作りの、広いベランダがありました。

ベランダというか屋上というか、とにかくバーベキューができるほどのスペースで、周りは柵で目隠しされており風通しも良く、プライベートも守れるような作りでした。

私が今住んでいる家は、実家で木造の平屋なのですが、とても古くて、両親がトイレやお風呂、床など色々と改装して住んできました。

今のところ、私たち夫婦は家を建てる予定はありませんが、子供が4人いるので、もしかしたら、ここを改装するか、他に引っ越すかという選択をするかもしれません。

それと、旦那の両親が遠方に住んでいるので、老後の面倒をどう見るかと言う問題もあります。

この先どうなるのか、わからないけれども、新築もいいなぁなんて思った出来事でした。