【小林麻央さんの訃報を受けて】母親として、自分が改めて思ったこと。




本日、小林麻央さんが亡くなったことを、ネットニュースで知り、とても残念に思っています。

最近、麻央さんが「輸血をした」としたということを、姉の麻耶さんが言っていたのをテレビで見ていたので、麻央さんがどういう状況なのかを、察していました。私の父も、何回も輸血をしていたからです。

海老蔵さんの会見を、生放送のニュースで見ていました。最愛の人が亡くなって、仕事をして、会見もして、かなり無理をされているのではないかと心配になります。

そして、何よりお子さんのことを思うと、とてもひとごととは思えず、悲しくなってしまいます。

私事ですが、先週から次女が胃腸炎にかかって、三女、長女、私、私の母へ順番に移ってしまいました。

順番に移ったので、続けて病院へ行く日々。学校の疲れからなのか、長女が一番重症になってしまい、今週、一週間まるまる学校をお休みしました。

私が発熱した日から3日間、旦那の仕事が休みで家にいたため助かりましたが、私はここのところ自分の時間が取れず、体調を崩してブログも更新出来ず、毎日何となく辛い思いをしていたのです。

こんなこと、麻央さんの辛さと比べたら大したことですが、私はこの経験をして、自分の本当の気持ちに気が付くことが出来ました。




毎日、泣いて過ごしても、笑って過ごしても、過ぎた時間は変わらない。

私は子供が4人いて、特に一番下の長男がまだ5ヶ月なので、自分の時間はほとんどありません。

自分の時間を作るとしたら、子供を早く寝かせてからの夜の時間か、朝早く起きて子供がまだ寝ている時間かのどちらかです。たいていブログは子供が寝てから書いているのですが、昼間書きたくなるときも、やはりあるのです。

そんな時、やろうとしても子供の対応で書けないことがほとんど。やる気は満々でも、出来ないとウップンが溜まってしまいます。

「私はブログを書くのが好き。3度の飯よりも大好き。時間がゆるされるのであれば、ずっと書いていたい。」

「でも、子供との時間も大切。子供と過ごす時間も大好き。小さくて可愛い、今だけの時期をもっともっと大切にしたい。」

これは、両方私の本当の気持ちです。矛盾しているかな?

なので、自分のブログを書くルールを自分なりに決めました。

・ブログは基本的に、子供が寝ている間に書く。(お昼寝も含む)
・昼間は子供にかまってあげる時間。家事と育児を優先させ、ブログを書く時間を確保するため、子供を早く寝かせる努力をする。

こう決めたら、自分が少しラクになりました。

そして、今週は長女がお休みでずっと家にいたので、次女が幼稚園に行っている間は、長女のために時間を使いました。

普段、バタバタしてなかなか出来ない、カードゲーム・トランプなど。ゆっくりと長女と遊べて、穏やかな時間を過ごすことが出来ました。

長女も、久しぶりにゆっくりとママと遊べて、ニコニコしながらカードゲームを楽しんでいました。

やはり、子供4人だと一人一人にかまってあげられる時間が、どうしても限られてしまいます。長女に限らず、それぞれに寂しい思いをさせてしまっている。なるべくかまってあげたいけれど、自分の体力も限りがあるので、現状は難しいです。

子供4人の育児は、本当にしんどくて大変で、かなり忍耐力が必要です。ときどき辛くて、泣きたくなるときもありますが、泣いて過ごしても、笑って過ごしても、過ぎた時間は変わらず、同じなのです。

だったら、嫌な気持ちで一日過ごすよりも、心穏やかに過ごしたい。これが私の願いです。

子供たちもきっと同じなはず。

何気ない日常でも、見方によっては、とても貴重な日常です。

「4人の育児は大変だー!」って毎日思って過ごすよりも、「4人の子供の育児をして、濃厚な日々を過ごせて幸せに生きるだー!」って思えるように、自分で努力して変えていきたいです。

そして、麻央さんのように、どんな困難なことにも逃げずに立ち向かい、どんなときも強い母親でいようと思います。