実家の母と大ゲンカ。実家を本気で出たくなった出来事。




母と大ゲンカしました。きっかけは些細なこと。

言い争いの内容はショボいので割愛しますが、要は母親が私に完璧を求めてきたからです。

私は完璧な人間はいないと思っています。家族同士なので、出来ないことは埋め合えばいい。

でも、母親の考え方は違い、「自分は完璧にやってきた」と言っています。けれども、私から見た母親は「完璧」ではないのです。

年代が違い考え方も違う母親と、この先もやっていけるだろうか。本気で家を出ることを考えました。




実母に振り回されて、2年間で引っ越し2回。もう、母親に振り回されない人生を歩みたい。

私たち家族は、長女が幼稚園に入る前に、実家の近くに引っ越しました。

この引っ越しは、母親の希望で引っ越しました。そして、今年2月の引っ越しも、私が産後すぐだと言うのに、母親が勝手に色々と話を進めて、無理矢理引っ越しをしたのです。

私は「父が亡くなったら、母親が一人になってしまい、心配だし可哀そう。」だと思って、実家に入ることを決めました。

けれども、実際は「母親の見栄」のため、私たち家族を実家に入れただけで、母が私に愛情があって入れたのではなかったのです。

私はそれを知り、とても怒りました。

「怒りで震える」という体験を、久しぶりにしました。

私の両親は、変わり者です。父は亡くなりましたが、父が亡くなってから私は、「やっぱり母の方がおかしかったのだ」と気が付きました。

結果、今回のケンカの時も、母親は私に対して、「嫌だったらこの家を出て行って。私は一人で孤独死するんだ。」と非常識なことを言ってきました。

もちろん、すぐに出られる訳がありません。

今年の2月に、引っ越してきたばっかだよ?だったら、引っ越さないで前の家に住んでたわ!

旦那が仕事から帰ってきて、すぐに家族会議。旦那と口をそろえて、そう言っていました。

結論、「母に振り回されるのはもう嫌だし、振り回されないで、自分たちの意思で動こう。」という意見で、旦那と一致しました。

自分はどういう人生を送りたいのか?本当にそれでいいのか?

自分の人生は、自分で選べます。

もし、「私は誰からも愛されなくてもいい。孤独死でいいんだ。」そう思ったとします。

そう考えると、実際にそういう人生になります。

もし、「私は愛ある人生を送りたい。たくさんの家族に囲まれて、一生を終えるんだ。」

そう考えると、 愛に溢れる人生を送ることが出来るのです。 

前者は母、後者は私の考えです。

自分の価値を、自分で下げてはいけない。

私の母は、「私はこれでいい。」が口癖です。今回の、母が孤独死を望んだの件も、自分で自分の価値を下げているだけなのです。

人の価値は誰かが決めるものではなく、自分自身で決めるものだから。

私は、母にもっと自分を大事にしてもらいたいと思っています。

結局・・・。

名義は母の家ですが、住んでいる私たち家族のものでもあります。

もし、母が一人暮らしをしたいのであれば、お金を使って出て行けばいいだけの話なのです。(自分の介護費用は準備してあるそうです。)

母とのケンカは、今まで何回かありましたが、こんなにエスカレートしたのは初めてです。

でも、お互いの本当の気持ちが分かったので、とりあえずは良かったかな・・・?

今後は、母に振り回されず、自分の家族や生活を大切にしていきたいと思います。

↓ブログ村テーマ

にほんブログ村テーマ 心の叫び、解き放つ小部屋 へ
心の叫び、解き放つ小部屋 

にほんブログ村テーマ より良く今を生きるために。へ
より良く今を生きるために。