悪いことが続く原因は、全て自分の中にある!断捨離に終わりはないのです。




母と大ゲンカして、数日・・・。

ようやく小学校と幼稚園の給食が始まり、静かな平日が戻ってきました。あれから、母とは何か用事があること以外は、ほとんど話すことはありません。

「本当にこのままでいいのか・・・。」

私自身とても悩み、心の中で葛藤していました。

【追記:2017/11/3】(その後、母親とは仲直りして、以前のように毎日楽しくやっています♪^^)

スポンサーリンク




悪いことが続く原因は、全て自分の中にある。

今回、母と大ゲンカしてしまったことは、私が原因なのだと反省しました。

確かに、私は母に育児や家事の部分で、甘えたり頼っていたのも事実です。本来は、私がやらなければいけないことも、母がやってくれていました。

そんな生活が続いたら、72歳の高齢の母にとっては、身体も辛いしとても大変なことです。私は、このケンカをきっかけにして、育児と家事は母に一切頼ることをやめました。本来、同居していなければ全て自分でやるのは当たり前です。

ただ、私にも限界があるので、食事は母自身でやってもらっています。ケンカする以前からは、多く作ったおかずなど母の分を取り分けたりしていました。ただ、まだ子供が小さいため全てやりきることが出来ない日もあり、母はそれを不満に思っていたようです。

理想と現実は、絶対的に違うもの。


私は、「自分の中で勝手に理想を作り上げていて、それを母にも共感して欲しい。」と勝手に思っていました。

私の理想は、大変な中でも家族みんなで助け合って生きていって、毎日仲良く暮らしていくこと。

これは人間であれば、誰しもが願うことではないでしょうか。でも、「私の理想」と「母の理想」が違っていたのと、私が母に甘えすぎてしまっていたのが、ケンカしてしまった原因です。

あとは、コミュニケーション不足だったのだと思います。

でも、色々と考えた結果、親子ってこんなものなのかもしれない・・・。

私が理想とする、「いつでも仲良く一緒」っていうのは、母と大人になった娘の間では、成り立たないのかもしれない。

私たちの娘も、いずれこうなるのかな。私の理想が高すぎただけなのかもしれない。

仕方がないけれど、きっと現実ってこんなものなんだな、と思います。

心が乱れたら断捨離する。断捨離すると、心が整理される。

いくら日頃から断捨離をしていても、やらなければならないことに追われて、整理がつかなくなって、だんだんと部屋が散らかってきます。きっと、みんな同じなはず。

家(部屋)は、住んでいる人の心をそのまま映している。

最近、大物の断捨離をだいたい終わらせた我が家ですが、まだ細かい物が散らかってしまっている状態です。私がこんなんだったせいです。

↓以前にもこんな記事を書いていました。

最近、お金のことやら、家のことやら、色々とあり、私自身アップアップになっていました。でもね、気が付いたのです。頭の整理が出来ていない状態の時って…

さて、気分を入れ替え初心に戻り、また「1日1断捨離」を再スタートさせます!

三女と長男が保育園に入園できたら、さらに忙しくなってきますし、頑張らねば!!

でも、気張りすぎすのもダメだと思うので、ほどほどに・・・ね。

「ほどほど」って言葉が一番良いんです、人間は♪




☆シェアする☆