また保育園落ちた。何度も保育園に入れなかった私が正直に思うこと。




今月のあたまに保育園を申請していました。

先日、私が住んでいる市の市役所に、保育園の申請をしてきました! 長女は小学校、次女は幼稚園に行っているので、申請したのは三女(3)と、...

結果は、下の子2人は保育園に入ることができませんでした。

理由は、「対象保育所の年齢帯の受け入れ枠が、超過しているため。」でした。(要は、人数がいっぱいだと言うこと。)

スポンサーリンク




私が思う、保育園の申請に関しての問題点。

まず、私が申請したのは自分が住んでいる市の保育園ではなく、となり町の保育園でした。

先月末に、となりの町の役所の保育課に、保育園のことを聞きに行った時に、「希望する保育園の人数は、0歳枠は空いているけれど、3歳枠がいっぱいなので、保育園に聞いてみないとわからない。」と保育課の人に言われました。

それなので、入れなかったことは仕方ない、と思いますが私としては

「もともと人数がいっぱいって分かっていたら、その場で「ムリです。」と言って欲しかった!!」というのが、正直な気持ちです。

0歳と3歳の子を抱えて、遠い市役所までに車で来るだけでも大変だし、旦那の就労証明書も用意するのに手間だってかかる。

そのうえ、書類を書く時間(けっこう書き込みが多い!)だってかかるし、ハローワークに登録しに行くのに時間も割いた。

それなのに、始めから人数がいっぱいってわかっているのに、なんでわざわざ市役所は忙しいママさんに無駄な労力をかけさせ、保育園に入れるかもしれないという期待もさせておいて、「やっぱり人数が多かったのでムリでした!」という理由で返事返すの?と、すごく思った。

保育課の対応、本当にこれでいいのだろうか?改善点は本当にないの?

実は、私は過去にも保育園を何度も申請している経験があって、その時はまだ長女と次女が2歳、1歳のときで3人目を授かる前でした。

その時は、住んでいる市の保育園を申請したんですが、すでに全ての保育園がいっぱいで、人数超過している状態。

それでも、市役所の保育課の人は「もし空きが出たら入れる可能性もありますので、申請してください。」と、書類の提出をさせるのです。

もちろん、ムリだと分かっていても、僅かな希望を信じて、保育園の申請の書類を書いて出しました。

保育園の見学も「行ってください」と言われて行きました。

私が住んでいる市は、保育園の申請を一度すると、翌年の3月まで有効になり、毎月保育園に入れるか入れないかの通知が届く仕組みになっています。

でも、毎月見事に「人数が超過しているため入れません。」の通知ばかり。

結局、翌年の期限の3月まで入ることが出来ずに、働くことを諦めました。

よっぽどのことがない限りは、途中から入れることなんてありません。

「途中から入れる」ということは、「途中で、その枠の人数が減った」ということ、です。

でも普通に考えて、働きだしたら、だいたいの方は働き続けますよね。

子供が小学校に入学するとか、3歳、4歳になったから幼稚園に移りたいとか、何かの事情で引っ越すとか。

保育園を出るときって、タイミング的に3月になるから4月に入りやすいって聞くけれど、だったら保育園の通知を送るのも、毎月じゃなくていいじゃないのか。

はっきり言って、紙・配送料・人件費のムダだと思う。

それに毎月、通知が届いた時の「もしかしたら・・・。」と期待に胸を膨らませて、封筒を開けて結果、入れないと分かったときのガッカリ感が毎月続く、あの切なさ。

だったら、人数が空いて確実に入れますよ!という時だけ、その人だけに通知を出すとか、人数が超過していたら、「今、入園はムリなので、翌年の3月にまた申請出しに来てください!」ってはっきり言ってくれた方が、正直こっちだって助かる。

何度も言うけど、保育園を途中でやめることは、スズメの涙よりも、ほとんどないことだと思う。

おそらく、毎月通知を出さなかったら出さなかったで、文句を言う人もいるのかもしれない。

でもなんだか私には、保育課の方が「中途半端」なことと、無駄な労力をしている気がしてならない。

こんなんだから、「女性が輝ける社会」が実現しないのだ。

まとめ

結局、私が言いたいことは

保育園の人数超過の理由で入園を承諾しないなら、始めから「人数がいっぱいなので今は入れません!」ときっぱり言ってほしい!

人数ばかりは、どうしようもないですし、諦めもつくので。

逆に、「保育園に入れるかも」という期待を持たせるから、入れなかった時に「激怒」するママさんがいるのではないでしょうか。

今後も課題ですね。本当に早く何とかして欲しいです!




☆シェアする☆