【こどもちゃれんじ】の教材で、小学校に向けての準備!




長女は現在、幼稚園の年長さんで、来年度から小学校に入学します。

長女は早生まれなので、色々と心配するところもあります。幼稚園に入ったばかりの頃は、やはり周りの子にはついていけず、出来ない事も多かったので、補助の先生がほとんどつきっきりでした。

そして、担任の先生のすすめから、児童発達支援サービス事業所(障害児通園施設)に、週1日のペースで、去年の冬から通わせています。

やはり、さすが専属の先生方。1日、1日と通うたびに、長女の能力が引き出されているという感じで、言葉数もたくさん増えたし、随分と長女は変わってきました。

そんな中、夏休みに突入して、こどもちゃれんじから「入学応援セット」なるものが届きました。

ひらがな・算数のワーク、シールのシート、かっこいい1年生になるためのDVD、ひらがなやカタカナの練習が出来るタブレット、コラショというキャラクターの目覚まし時計。

長女はこれを見て、たちまちやる気になり、「かっこいい1年生になるー!!」と言って、張り切っています。

スポンサーリンク




実際に使ってみた感想。

こどもちゃれんじは以前から使っていましたが、長女が早生まれのため、能力的に出来ない物もあったので、取ったり、取らなかったりを繰り返していました。

けれども、来年の小学校に向けて、改めて準備をしたいと思い、再度入会しました。

次女も、来年は幼稚園に入園するので、次女の分も一緒に。

魅力的なキャラクター、ランドセルの妖精「コラショ」。

まず、DVDのアニメでは、しまじろうの他に、1年生になる男の子のキャラクターが新しく出てきます。その前に現れるのは、赤いランドセルの妖精の「コラショ」。

このキャラクターが、目覚ましやタブレットにも使われており、色々と話しかけてくれる設定になっています。

afe7507cb6d6c04869f725404a73230982160257_86_2_9_2

例えば、目覚まし時計では、ボタンを押すと現在の時刻を、コラショの声で教えてくれるので、長女はボタンをマメに押しては、「今、○○時○○分だよ~」と言っています。

そして何より効果絶大だったのは、コラショが長女の名前を呼んで、朝、決まった時間に起こしてくれる機能。

ボタン1つで、目覚ましのセットが出来るので、長女は夜寝る前に必ず目覚ましアラームをセットし、枕元に時計を置いて寝ます。

そして、朝はその目覚ましで起きるようになったので、私自身も起こす手間が省けて、とても楽になりました。

他にも、子供が喜ぶ魅力的な機能がいっぱい!

早寝早起きを目標にした、ポスターや、目標達成したらシールを貼るシートなど、目につくところに貼っておけば、長女のやる気も自然にアップします。

7b7f6367b1668410dc933e615c95164afecfae3f_86_2_9_2

8eda7a1d24e16b4b63f47c62a2247eb222cc5ab6_86_2_9_2

それと、ワークは今までの物より大きめで見やすく書きやすい、小学校のお勉強を意識した内容になっています。

全然、ひらがなが書けなかった長女でしたが、夏休みが終わる頃には、ひらがなを見ながらであれば、ほとんど一人で書けるようになりました。

こどもちゃれんじの威力を思い知らされた感じです。

56b8c9ce1f62453800839310395de351b06d27c0_86_2_9_2

414e1d68934f3bbb761df2c5f204b6237eaf4e88_86_2_9_2

811c29f86f3f4a628732ad86831a3951cea146c2_86_2_9_2

次女も、お姉ちゃんのタブレットを借りて、ひらがなの練習です。

85f58b75e1d3ccaf578008d3739692abc9d1b698_86_2_9_2

このタブレットは、ひらがな・カタカナの書き順を覚えられる他、時計の問題や、波やギザギザなどのなぞり書き練習もあるので、これ一つで小学校の準備は完了。一人で出来るので、親は出番なしで、とても助かります。

ひらがな練習させるために、他に色々買わなくて本当に良かったです。

赤ペン先生のお試し問題も出して、返事が届いたときは、本当に長女は喜んでいました。

こどもちゃれんじの、入学準備プランは本当にオススメです。まだまだ、申し込めるみたいです。

「こどもちゃれんじ」公式サイトはこちら




☆シェアする☆