【もう、オモチャは必要ない!】子供のクリスマスプレゼントは、消耗品で良いと思ったこと。




私が子供の頃は、両親が共働きだったためなのか、いわゆる、「小さいおもちゃ付きのお菓子」(数百円)をほぼ、毎日のように母親が買ってくれていました。

そして、何千円単位もする、大きいおもちゃは、誕生日とクリスマスの時に、必ず一つ購入してくれました。(余りにも値段が高い物は別ですが・・・。)

特別、裕福だったわけではなく、何だか「買ってもらえるのが当たり前」くらいに思っていた幼少時代。

そんな中育ったので、私自身も、自分の子供には「お誕生日と、クリスマスにはちょっと良いおもちゃを与える」のが、当たり前だと思い込んでいました。

スポンサーリンク




高いおもちゃも、安いおもちゃも、子供にとっては価値が変わらない。

先日、未就学児が集まるママサークルで、クリスマス会がありました。

そこに、サンタさん(ボランティアのかた)が来てくれて、子供達にプレゼントを配ってくれました。

格安の会費で運営しているので、プレゼントの内容は100円ショップで買った物が数点でしたが、子供達はとても喜んでいました。

男の子と女の子でプレゼント内容が違ったのですが、娘たちは「光るステッキ」を貰って大喜び。

a13

100円とは思えない程の、クオリティ。キレイに光っていました。

この光るステッキで、魔法つかいプリキュアの真似をして、3姉妹で遊んでいました。

おそらく、何千円かのプリキュアのステッキを買って与えたとしても、遊び方は同じ様な感じだと思いますし、子供にとっては、100円のおもちゃだろうが、何千円のおもちゃだろうが、用途が同じであれば、価値はあまり変わらないのだと思います。

「子供の目の前に石を置いた場合と、金の塊を置いた場合でも、当人にとって価値の違いが分からなければ、金の塊も石と何ら変わりない。」ことなのだと。

ちきりんさんの、マーケット感覚を身に付けよう!でも、その様なことが書いてあって、「なるほど~。」と思いました。

大人になれば価値が分かるけれど、実際、子供達に何百万の宝石と、何百円かの、キラキラな宝石のおもちゃ(例えば、魔法つかいプリキュアのリンクルストーンなど)を見せた場合、子供達は「おもちゃの宝石が良い」と言うでしょう。

今後の我が家の、おもちゃの買い方は?

今年の長女のお誕生日プレゼントに、「ここたまハウス」をプレゼントしました。

長女はそのアニメが大好きで、とても欲しがっていたので与えましたが、キャラクターの人形の取り合いできょうだいケンカが絶えなかったし、1ヶ月も経たないうちに飽きてしまい遊ばなくなってしまったので、高いお金を出して、おもちゃはわざわざ買わなくてもいいな・・・と思いました。

お金が掛かることと、うちでは「こどもちゃれんじ」を長女と次女で受講しているので、毎月一回、おもちゃが届くようなもの。

【こどもちゃれんじ】の教材で、小学校に向けての準備!

なので、お誕生日とクリスマスに、おもちゃは買わないことにしました。

お誕生日は、お誕生日ケーキがあれば十分。

4人目が生まれたら、長女+4番目の子、次女+三女の誕生日が近いので、ケーキも合同用で一回用意して、合同お誕生日会でもいいかなと思っています。

その方が、お金も掛からないし、自分も家計も、ラク。

家庭ごとに金銭的事情は様々だし、見栄を張らずに、子供に対しては、身の丈にあったお祝い方法でいいのです。

今年のクリスマスに、おもちゃは買わない。

かわりに、3姉妹全員一緒のものにして、好きなキャラクターのバックや長靴に入った、お菓子の詰め合わせセットなんかで良いかな、と思います。

旦那も、それに賛成。

おもちゃはすぐに飽きて遊ばなくなると、勿体無いし、たくさんあり過ぎると、何より部屋が散らかります。

おもちゃがあり過ぎると、私も子供もストレスになるのは経験済み。

子供にはおもちゃを与えるよりも、母親と父親の愛情をたっぷり与えてあげた方が良いのだという事。

私が幼少時代、泣きじゃくる程おもちゃを欲しがったのは、もしかしたら両親の愛情を確かめたかったのかもしれません。




☆シェアする☆