人生がうまく回らない時は、頭の整理をすると人生がうまく回りだす。

2017年9月4日




最近、お金のことやら、家のことやら、色々とあり、私自身アップアップになっていました。でもね、気が付いたのです。

頭の整理が出来ていない状態の時って、「自分のやらなければいけない事が、溜まってきている時」なのだと。




頭の整理をするために、一番にやるべき事とは?

頭の整理をするために、一番にやるべきことは、「溜まっている自分の用事を順番に済ませていく」ことです。

当たり前のことなのですが、人間は何種類しか、パソコンで言う「タスク」がないらしく、やらなければいけない事が、容量オーバーになると、パソコンが固まってしまうように、頭もパンクしてしまうらしいのです。

私の場合は、

  1. 長女の進級の準備
  2. 次女の入園の準備
  3. 出産の準備
  4. 家の家計管理などの雑務
  5. 自分のブログ運営
  6. 幼稚園の役員の仕事
  7. 旦那や父の体調のこと

など、ざっと上げても、これくらい出てきます。(他、細かいことを上げれば、キリがないくらい・・・。汗)

自分で言うのはおこがましいですが、ただでさえ日頃の育児と家事で忙しい私。これで、更に自分が働いていたら・・・と考えただけでも、恐ろしくなります。

本当に、働いているママさんを尊敬します!

それなので、私は「やらなければならない事」に優先順位を付けて、一つずつ済ませていくことにしました。

頭の整理をするための手順は?

何かをする時に、部屋が散らかっていると、余計な物が気になって、物事がはかどりません。物事を効率よくはかどらせる手順としては、

1、 最低限のやるべき事(家事)を先に済ませておく。→家事で言えば、当然のことですが、洗濯・掃除・食器の片付けなど、後回しにすると面倒になるもの。

2、 部屋を片付けて、掃除をする。→部屋が綺麗な方が、思考が回ります。

3、 日頃の家事以外に、いつかはやらなければいけない事。→私の場合は、後回しにしていた家計簿付けや、次女の幼稚園の入園準備。雑巾を手作りするなど、ちょっと面倒な準備があります。

4、 断捨離など、時間を掛けないと出来ないこと。→3の項目をまず先に減らせば、やる意欲や余裕が出てきます。

もちろん、この通りにやらなくても、自分のやりやすい順番でやるのが一番です。

だいたい、3の項目が片付いてくると、気持ちに少し余裕が生まれます。

頭の整理をした結果は?

私は、3の入園準備の項目が一つ減っただけで、「今後慌ててやらなくても良い」という余裕が生まれ、「次は家計簿を付けよう」という、スムーズな流れになりました。

やらなければいけない事が溜まってくると、無意識に「いつかやらなければ」というプレッシャーが圧し掛かって、気が付かないストレスが溜まっていきます。

それで、自分では気が付かないうちにイライラしてしまい、いっぱいいっぱいになってしまうのだと思います。

これからも、「ため込まない生活」を心掛けて、面倒なことは後回しにせず、その場で片付けてられるように、心掛けていきたいと思います。