厄払いをしたら旦那の厄がストップ!神社に祈願した後に必ずやっておくべき事とは?




以前にも書いた、旦那の事故の事件。

それ以外にも、旦那本人が、職場の人達からも「本当に厄年ですね〜」と言われるくらい、悪い事が続いていたらしいのです。

さすがに疲れました。 悪い事が続くと思ったら、旦那も私も厄年でした。 先月は、本当に色々な事があり、おそらく私の人生の中で、一番...

旦那は接客業なのですが、とばっちりクレーム(他人が起こしたクレームに、巻き込まれる)が仕事で絶えなくて、かなり精神的にもまいっているようでした。

気付けば、今年の1月頭に、私の出産があったので、初詣に行けていなかったし、厄払いもやっていませんでした。

車の事故事件の後、旦那に厄払いに行ってもらいました。

スポンサーリンク




厄年に、厄払いは必要だと思ったこと。

厄払いから帰って来た旦那は、「何だかスッキリした」と言っていて、その次の日からピタリと、他人のクレームに巻き込まれることがなくなったそうです。

厄払いに行った神社は、地元では大きい方の神社でしたので、やはり神様が守ってくれているのだな、と思いました。

神社で祈願した時に、必ずやらなければならない事。

神社で祈願(三千円〜1万円を納めて、祈祷師に祈願してもらう)をする他に、初詣や合格祈願など、神様に何かしらのお願い事をした時は、必ず神様にお礼を言いに行った方が良いです。

タイミングとしては、願いが叶った後、もしくは、お願い事をした翌年の初詣の時など。

私達が働いている理由は、お金を稼ぐためです。

それは神様も一緒で、神様はお金のためではなく、私たちの「ありがとう」の言葉が欲しくて、一生懸命みんなの願いを叶えるために、働いてくれているそうです。

なので、私はだいたい、初詣で何かのお願いをするので、毎年の初詣の時に、「昨年は見守って頂いて、ありがとうございました。」とお礼を言います。

別に、神様を信じているから、やらなければいけない、とかそう言う事ではないのですが、こういう感謝する心を持つ事が、日常の幸せに繋がっていくのだと私は思っています。




☆シェアする☆