私が実際にSNSから2週間離れてみた、正直な感想。




私は、今年の2月中旬ごろに、実家の方へ引っ越しをしましたが、その頃、使っていたiPhoneが壊れてしまい、強制的にSNSと離れる経験をしました。

大体2週間ほど、iPhoneから離れ、SNSとも距離を置く経験をしましたが、実際に経験してみて、私が素直に思ったことを書きたいと思います。

スポンサーリンク




実際にスマホから2週間離れてみた、私の正直な感想。

私は普段、ガラケーを使用しておりました。

そのガラケーは、私が携帯ショップで働いていた、28歳の時に購入したもので、私が今年36歳になるので、約8年間も使っていたことになります。

携帯を変えなかった理由は、まずは仕事を辞めたことで、あまり携帯を使わなくなったこと。

そして、家でWi-Fiのインターネットが接続してあるので、手持ちのiPhoneを繋げば、インターネットやアプリなどが、出来たこともあります。

今までは、旦那が機種変更したiPhoneを、Wi-Fiに接続してネットやアプリなどを使っておりました。

しかし私はその時、幼稚園の役員をしていて、役員同士の連絡は、全てLINEでしていました。

なので、そのiPhoneが壊れてしまったことにより、役員同士のやり取りが出来なくなってしまったのです。

さぁ困った。

でも私は、ガラケーを持っていたので、メールや電話は出来る状態だったのですが、(ガラケーにメールや電話を入れると言う経験が、今はあまりないせいなのか)、不思議となぜか、周りからは、頻繁にメールが来ることもなく、電話はかかってくる事はありませんでした。

「何かあったら私の携帯メールのほうに連絡をください。」

と、担当の役員同士で伝えていましたが、2週間ほどLINEを使わなくても、さほど問題はありませんでした。

ただ困ったことが、LINEの連絡先を知っている知り合いから、LINEからの連絡が来ていて、その連絡を私が見ることが出来なかったこと。

連絡を入れた方が、「既読にならない」と言って、相手が困ってしまっていたことがありました。

結果的に、LINEだけの連絡先を知っていても、そのかたの携帯番号を私は知らなかったので、友人経由でLINEで連絡をしてもらい、iPhoneが壊れたことを伝えてもらいました。

私がその時思った事は、今の時代はSNSがないと連絡が取りづらいということ。

それなので、今回についての反省点は、

面識のある方や、役員同士の必ず連絡を取らなくてはいけない人は、LINEだけではなく携帯電話番号と、携帯メールアドレスも聞いておく必要があると思いました。

普段から、そういう連絡方法を心がけていないと、いざiPhoneが壊れてしまったときに、とても不便になってしまいます。

ただ私が思った事は、SNSから離れたことによって、実際に、とても静かな時間を過ごすことができました。

普段、どれほどスマホやSNSに、翻弄されているかがよくわかりました。

もし、毎日何かしらのストレスや頭の整理ができないという方は、一度スマホやSNSからも離れてみるのが、良いかもしれません。

昔は、携帯やスマホなどなくても、とても楽しく過ごせていたと思います。

特にLINEなどは、すぐに連絡が取れて便利だと言うメリットはありますが、一方的に情報が来てしまうので落ち着かないと言うデメリットもあります。

それなので、自分が本当に必要な物だけ取り入れるようにする。

余計なものは、断捨離をするように、省いていくべきだと私は思っています。




☆シェアする☆